MENU

借金返済方法|おまとめローンより債務整理の方が良い理由

借金返済方法について語る男性

クレジットカードやキャッシングの多用などで、最近では多重債務になってしまう人がかなり増えてきていますが、もし借金苦で返済に困っているような状態の場合には、そのまま支払い続けるといずれ精神的にも崩壊しかねません。

 

とにかく早めの借金問題の解決が必要です。

 

それで、効果的に借金返済をする方法として大きくは2つの方法があります。

 

一つは、おまとめローンと言う方法で、別の金融業者から借りて、借金を一本化して、月々の支払いも減らすような方法ですね。

 

そして、もう一つは債務整理という方法で、過払い金の返還請求(任意整理)や自己破産などをして、借金を減額または帳消しにする方法です。

 

このどちらかで、毎月返済に追われるという状態からは解放されることができます。

 

ただ、ここで注意しておきたいのが、「おまとめローンが必要なくらいの多重債務状態であれば、債務整理をしたほうが圧倒的に借金問題を早く解決できる」ということです。

おまとめローン(借金の一本化)の落とし穴

おまとめローン、つまり借金の一本化という方法は、一見して素晴らしい方法のように見えますが、実は落とし穴がいくつかあります。

 

1.返済期間が伸びてトータルの利息が増えてしまう

おまとめローンでは「月々の返済額が減る」ということを大々的にアピールしていますが、それは単純に返済の期間を伸ばして月々の返済額を減らしているだけに過ぎないんですね。
つまり、トータルで見ると、支払いの利息合計が元々よりも大幅に増えていることもあります。
場合によってはトータルで100万円以上も多くなってしまうこともあるので、目先のことばかりにならないように注意が必要です。

 

2.審査が厳しい可能性

おまとめローンもキャッシングですから、もちろん審査が必要になります。
しかも、普通、おまとめローンにしようと思うと、以前の金利よりも安いところに申し込みますから、より一層審査が厳しい場合が多いんですね。
おまとめローンを行っている金融業者としても、多重債務者を引き受けるというのはリスクが有りますから、一般的に多重債務者と言われている「5社以上の金融業者から借り入れがある人」の場合には、そもそも審査が通らない可能性も大きいです。

 

また、返済が苦しくて過去に60日以上の滞納がある場合にも、事故情報として記録が残ってしまっていますので、審査が厳しくなってしまいます。

 

3.払い過ぎた利息(過払い金)も支払わないといけない

例えば、債務整理などをすると、過払い金の返還ということをしたりもします。
これは、払い過ぎた金利分を返してもらえるというものなんですが、債務整理だと「この金利は不当だから減らしてくれ!」ということを訴えれるんですね。
ただ、おまとめローンの場合には、払い過ぎた分も全部支払わないといけません。その上での借り換えという形になるんですね。

 

4.おまとめローン詐欺という手口がある

これは、大半の人には関係無いかもしれませんが、おまとめローンで借り換えようとする心理を利用した、おまとめローン詐欺という悪質な手口があります。

 

手口としては、多重債務者に低金利での借り入れを持ちかけるんですが、その際に、様々な理由で保証金とかの支払いを請求されるんですね。
そして、それを支払ったところで連絡がとれなくなってしまって、お金を取られてしまっただけだった、ということです。

 

まあ、これはそこまで心配することも無いかもしれませんが、意外と被害者も多いので、おまとめローンを検討する際には気をつけて下さい。

 

借金返済方法としては債務整理のほうがお勧め

借金返済方法を提案する男性

先ほど話したように、おまとめローンの場合には、月々の返済額が減るものの、返済期間が伸びるだけなので、例えば3年で返済するのが6年で返済することになったりもします。

その場合には、6年かけてやっと借金がゼロになります。

 

でも、同じ状況で債務整理をした場合に、債務整理の内容にもよりますが、任意整理や民事再生などであれば、借金が大幅に減額され、しかも3年くらいでゆっくりと返済できるような計画になります。
なので、おまとめローンの場合よりも、貯蓄などもしていきやすいですし、何よりも返済が楽になります。

 

ただし、債務整理にもデメリットはあって、例えば一番代表的なのが、クレジットカードが作れなくなることですね。
ただ、これは5年〜7年ほどでまた作れるようになるので、返済がラクになることを考えると、そこまでのデメリットでもありません。
そもそも債務整理自体が、国が債務者を救済するために保証しているものなので、日常生活に差し支えるようなデメリットはありません。

 

また、債務整理と言っても、よく聞く自己破産だけではなくて、任意整理・特定調停・民事再生(個人再生)など、様々な方法があります。
どの方法を取るかは、その人の借金の状況や、今後の人生の見通しなどでも変わってくるため、弁護士などの専門家と相談しながら決めていく必要があります。

 

ただ、まだ「債務整理を検討している段階」とか、「どれくらい減額できるか知りたい」というだけの人にとっては、弁護士との相談のハードルは高いです。

 

なので、まずはシミュレーションしてみることが大事です。
シミュレーションには、複数の法律事務所が共同で提供している無料利用可の「借金解決診断シミュレーター」を使うと良いです。

 

これは、匿名でOKで、簡単な5つの質問に答えるだけで、どの債務整理方法が自分に一番合っているのかを診断してくれます。

 

最終的には、その診断結果を見てみてから、債務整理をするのか、おまとめローンで借金を一本化するのか、借金解決方法を決めてみて下さい。

 

また、自己破産をしないと借金問題は解決できないと思っている人も多いと思いますが、実際にはそんなことはなくて、もちろん自己破産 デメリットも存在はしますが、それ以上に借金が帳消しになるというメリットのほうが大きいような気がします。
自己破産はしっかりと弁護士に依頼すればOKですが、その前にまずはシミュレーションすることも大事ですね。